忍者ブログ

復活のシャーシ

今回は ”走行傷がつきまくったアルミシャーシを復活させる方法” です。

‥といっても、磨くだけですが^^;

大きい傷はピカールなどで磨き込んでもそのまま残ってしまうので、
最初に粗目のヤスリで削り込んでから、だんだん番手を落としていく方法をとります。
とにかく、どこまで綺麗に出来るかやってみようと。

注意点は直線的に研磨することと、番手を変えたら別方向に研磨すること(タミヤのサンドペーパーの袋に書いてました)。
以下、一気に作業の流れです。
DSCN5340moto.JPG
作業前のシャーシ。傷だらけで艶まったく無し。
47cf3ed9.jpeg
②#120のサンドペーパーかけたとこ。浅い傷はほほ取れました。3ceae232.jpeg
続いて#240#800のサンドペーパー。方向に気をつけながら...
f0ba779b.jpeg
④#2000のサンドペーパー。艶が出てきました。
DSCN5350PIKAL.JPG
さらに、おなじみのピカール。顔がうつります。DSCN5351AMOR.JPG
トドメのアモール。一段と艶が出てきて、ギラギラしてます。

‥こんな感じで作業終了。
3時間磨きどおし。
手がピクピクしてますが、なかなかの仕上がりに満足!

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

かなりきれいな面が出ますね。
そう言えば3M?だったか、リフィロールというサンディングブロックにロール状のペーパーをセットして使うものがあります。それだとペーパーがけも楽だったと思います。詳細が分かったらまたコメントします。

Re:無題

CRAFTさん、まいどどーもです。
リフィロール?サンディングブロック?‥初めて聞く言葉に興味しんしんです。是非とも情報お待ちしております。
ペーパーがけし過ぎて翌日肩が上がりませんでしたので^^;
  • kobako
  • 2008/12/10(Wed)20:40:51
  • 編集

無題

こんばんは。昨日の件、3Mの「リフィールロール」でした。ホームセンターによっては扱っているところがあります。サンディングブロックとあわせて使えば、力が入れやすく張替えが楽です。アルミなどは#240以上あれば充分です。詳しくは以下の通りです。
http://www.mmm.co.jp/asd/products/r_s/index.html

Re:無題

CRAFTさん、コメントありがとうございます。
リフィールロール見ました!かなり強力そうで、シャーシ裏面なんかあっという間に削れそうです。
今度ホムセンにいったらチェックしてみます。
  • kobako
  • 2008/12/11(Thu)19:22:38
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

ブログ内検索

フリーエリア

最新コメント

[03/28 kobako]
[03/26 ゴリゴン]
[03/25 kobako]
[03/24 Shadow]
[03/23 kobako]
[03/22 Shadow]
[02/15 kobako]
[02/15 kobako]
[02/15 Jamie]
[02/11 ハーゼ]

カウンター

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
kobako
性別:
非公開

アクセス解析

忍者アナライズ