忍者ブログ

軽快だった、お侍 MARUI SAMURAI

b1eb5c5e.jpeg
いよいよシェイクダウンのサムライ。

降り立ちました~!

準備は万端だと思う。
バッテリー2本用意して、動作確認もバッチリだった。
DSCN7889.JPG
たぶん、問題なく走るでしょう^^

いよいよ走行。
動画いきますよ~。


BGM、どうっすか(笑)
DSCN7867.JPG
DSCN7883.JPG
このお侍さん、かなり軽快感のある走りでした。
駆動音もプログレスやオプティマより静か。
走行時間も長くて、10分近く走ったんじゃないでしょうか。
DSCN7930.JPG
無事に走行終了。
ノントラブルだったし良い走りに満足。

ちなみに、お侍さんの全装備重量1520gです。
プラパーツを多用した構造が軽い走りに貢献してるんでしょうな~^^

拍手[12回]

PR

自信作だわ^^V

サムライ欠品パーツを自力で何とかしようとしてます。
今日は朝からせっせとウイング磨き。
DSCN7569.JPG
ギッラギラに出来たので、
M2ボルトで組み立てます。
DSCN7571.JPG
出来た、ウイング!

早速付けてみた。
DSCN7586.JPG
カッコえ~^^
アルミのウイングって、昔のオプションパーツで結構ありましたよね。
ただ、形状が派手目なものが多かったと思います。
今回みたいにオリジナルに近い形状のものだとシブくてかっこいいでしょ。


じつは、あともう一個欠品パーツがありまして、
DSCN7607.JPG
ギアケースのカバーが無いんです。
これ、最後の欠品パーツ。
まあ、ふた作っちゃえば終わりなんだけど、少しはこだわりたいなと思って。
DSCN7608.JPG
こんな材料で自作してみます。
転がってた2mmtのアルミ板。

まずは、
DSCN7609.JPG
ザックリむしり取っていきます。
アルミだからこそ出来るわざ。
DSCN7613.JPG
だいたい形が整ってきた。

で、コイツをいつも通り磨き上げると、
DSCN7616.JPG
ふたの完成です。
綺麗でしょ^^V

付けてみました。
DSCN7624.JPG
ピッタリだ。
‥まあ、微調整しながら成型していったんで当然なんだけど。
触るとツルツルしてて気持ち良いです^^

てなことで、一連の自作パーツを作り終えて、サムライのシャーシ完成です^^V

あと、今日はデカールも自作してまして。
DSCN7672.JPG
漢字の”侍”は、行書体と正楷書体でふた通り。
どこまで使うか分からないが、取り敢えず印刷しておいて、
あとは実際に貼ってみて感じを確認。
DSCN7678.JPG
DSCN7682.JPG
どうっすか。
シブイ...でしょ?(笑)

‥ということで、この週末で一気にサムライが完成しちゃいました。
DSCN7701.JPG
DSCN7692.JPG
アルミパーツをいっぱい付けたおかげかかなりカッコイイ仕上がりになって、
ちょっと自信作です^^

もうバッテリー載せれば走らせられますよ~。

拍手[8回]

ウイングも自力で

サムライのリアウイング。
こっちも自力で何とかしようとしてますが、

これ、何してるとこか分かります?
DSCN7546.JPG
手持ちのアルミ板(0.5t)だとウイングにはペラペラ過ぎるんで、
着剤で張り合わせようとしてます (ほんとケチなんです...私)

昨日張り合わせたんだけど、
今朝見たら何とかなってる ホッ^^)

さてさて、コイツを加工していきますよ。
DSCN7555.JPG
細かいところは割愛しますが、
まずボディへの取り付け穴を開けて、あとはいろいろ折り曲げていく。
別パーツで、両端の板も作りました。
DSCN7563.JPG
加工完了。
両端の板はM2のネジで止める予定。

こっから磨き込めば完成なんだけど、残念ながら今日は時間切れ。

最近、土曜日は出勤が多いし、日曜はいろいろと家庭の用事が...
週末あんまりラジの時間取れてない^^

拍手[6回]

ギッラギラ

今日はボディパネルの仕上げ。

問題の先端部分。
DSCN7509.JPG
取り敢えずパネルを折り曲げましたが、

切れ目部分をどうするか?
DSCN7511.JPG
まずはアルミのパッチを貼り付けてみた。
が、これ溶接とかじゃないんですよね~。
瞬接でくっ付けただけで...邪道です。

が、こっから本気。
DSCN7514.JPG
craftさんご推薦の金属パテ  早速買いましたよ~^^/
コイツを、
DSCN7515.JPG
パッチの上から塗り込みました。

このパテ結構スゴイ。
約10分でガチガチに硬化します。
お手軽に高強度が得られるシロモノです。

補強が完了したらあとは一気に磨くだけ。
磨くのは得意です私(笑)
d82c9a79.jpeg
ギッラギラにしてやりました。
顔写りますよ^^V

ボディに付けて、どんなものか確認。
DSCN7526.JPG
いい!
高級な感じするし。
ボディがキラキラ過ぎてちょっと浮いてるけど、リアウイングもアルミで作ったら良いバランスになる...ような気がする。

あと、別件ですが、
DSCN7537.JPG
欠品だったリアウイングステーも自作できてます。
こっちは見た目にこだわリ無し。
実用性重視ということでご勘弁。

拍手[5回]

自作。 ルーフ&ボディパネル

サムライの欠品を自力でなんとかするシリーズ。

一番簡単そうなルーフから。
DSCN7473.JPG
0.5mm厚のアルミ板を切り出して、
DSCN7476.JPG
穴あけ&端っこをチョイ折って加工完了。
根限り磨きこんだら、
DSCN7483.JPG
はい、完成!
これは簡単だった^^;

続いて、ボディパネル(最難関!!)。

こっちもアルミ板を折り曲げて作っていこうと思うけど、
形状が複雑すぎてどんなの作ればよいかよくわからない。

まずは、
dcdd4a9c.jpeg
厚紙でイメージをつかみます。

だいたいイメージ分かってきた。
‥んで、いよいよアルミ板加工しちゃいます。
DSCN7494.JPG
0.5mmくらいだったらはさみで切れる。
あ~、楽だ。
DSCN7497.JPG
取り敢えず、こんな感じに切り取った。

こっからジワジワ加工していきますが、
寸法の計算なんかしてません。
オール現物あわせですわ;
DSCN7498.JPG
かなりいびつだけど、ここまで完了(汗)
手前の穴でかすぎ→ちょっと失敗

今日はここで時間切れ。
まあ、ヤスリで形を整えていけばなんとかなるか???

拍手[5回]

ブログ内検索

フリーエリア

最新コメント

[03/28 kobako]
[03/26 ゴリゴン]
[03/25 kobako]
[03/24 Shadow]
[03/23 kobako]
[03/22 Shadow]
[02/15 kobako]
[02/15 kobako]
[02/15 Jamie]
[02/11 ハーゼ]

カウンター

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
kobako
性別:
非公開

アクセス解析

忍者アナライズ