忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

祝!

DSCN5494.JPG
 1万カウント達成 and もうすぐ1周年!

↑トレードマークにチャンプを据えて、テンプレートを新調しました^^)
今後とも宜しくお願いします

‥さて、オプミッドはシャーシの組みが終わったところ
ダンパーステーとメインシャーシがキラキラしてていい感じ
だけど、なんとなく全体的に地味な印象
もっと磨けるとこないかな
DSCN5504.JPG
アップライトに着目
一応ピカールで磨いたんだけど、くすんでる 決してキラキラはしていない
とことん磨きこんだら印象変わるかも
という訳で、手持ちの研磨アイテム総動員で磨きまくり
DSCN5528.JPG
1個30分、合計で1時間磨き続けてギブアップ
指先痛い...

拍手[0回]

PR

塗料はがし液、強力すぎ!

オプミッドの洗浄続けてますが、
今日はショッキングな出来事が...
事の発端はこれ ↓
DSCN5375.JPG
アサヒペンの”強力塗料はがし液”
ボディの塗装を落とすために買ったものですが、
ベルトカバーに塗ってみたところ悲劇が...
DSCN5333.JPG
白っっ!!!!!!

‥いくら洗っても復活できず、表面を磨いても無理。
毎度の事ながら、うかつ過ぎ。
もっとどうでもいい部品で試せばよかった ガーン...
DSCN5370.JPG
結局、ブラックで逃げて、なんとか被害は最小範囲(でもないか?)。
それにしてもケミカルは難しい。

そんなこんなで、遅ればせながら、
DSCN5379.JPG
とれるやん。
ローマ字表記の”Toreruyan”がハイセンス!

拍手[0回]

復活のシャーシ

今回は ”走行傷がつきまくったアルミシャーシを復活させる方法” です。

‥といっても、磨くだけですが^^;

大きい傷はピカールなどで磨き込んでもそのまま残ってしまうので、
最初に粗目のヤスリで削り込んでから、だんだん番手を落としていく方法をとります。
とにかく、どこまで綺麗に出来るかやってみようと。

注意点は直線的に研磨することと、番手を変えたら別方向に研磨すること(タミヤのサンドペーパーの袋に書いてました)。
以下、一気に作業の流れです。
DSCN5340moto.JPG
作業前のシャーシ。傷だらけで艶まったく無し。
47cf3ed9.jpeg
②#120のサンドペーパーかけたとこ。浅い傷はほほ取れました。3ceae232.jpeg
続いて#240#800のサンドペーパー。方向に気をつけながら...
f0ba779b.jpeg
④#2000のサンドペーパー。艶が出てきました。
DSCN5350PIKAL.JPG
さらに、おなじみのピカール。顔がうつります。DSCN5351AMOR.JPG
トドメのアモール。一段と艶が出てきて、ギラギラしてます。

‥こんな感じで作業終了。
3時間磨きどおし。
手がピクピクしてますが、なかなかの仕上がりに満足!

拍手[0回]

アモール登場

オプティマミッド取り掛かります。

まずはパーツの洗浄から。
チャンプのときみたいに部分的に進めるのではなく、
全パーツを一気に分解して一気に洗浄することに。
‥安いキットなので微妙に手ぬき?!
DSCN5290.JPG
ばらしました。
樹脂パーツと金属パーツが半々ぐらい。

ここで、金属パーツ洗浄の新兵器登場
DSCN5316.JPG
アモール!
市内の時計修理店でゲット。
表だって売ってなかったのですが、店にあったのを500円で分けてもらいました。
店のおばさんに、”何に使うんですか?”などと不思議そうに聞かれましたが^^;
DSCN5317.JPG
使った跡が微妙に見えるんですけど...

早速試し磨き。
研磨力は確かにピカールより強力。
が、一缶30gぐらいしか入っていないのでピカールみたいに湯水の様には使えないのが痛いところ。
基本的にピカールで磨いて、ここぞというときにアモール投入というところでしょうか。
DSCN5322.JPG
DSCN5328.JPG
ピカール+アモールの合作です。

拍手[0回]

オプティマミッド

新シリーズ開始!
‥といってもPC故障でアップできなかったんで、
実際に開始したのは2週間程前ですが。

今回の車体はオプティマミッド
比較的新しいキットですが、それでも発売されたのは約20年前。
りっぱなレストア対象車です。
d96329ee.jpeg
恒例の(?)ダンボールから出したとこ。
これまた、いかにもレストアし甲斐のありそうなキットです。
ボディの状態が悪いのでかなり安く手に入れましたが、
家族にはやはり理解不能。。。
DSCN5209.JPG
DSCN5210.JPG
シャーシの部品は一通りそろってるみたい。
京商製のスピコンが新鮮です。
モーターは懐かしのル・マンでしょうか。
DSCN5232.JPG
大まかにばらして洗浄にそなえます。
毎度のことですが、大量の土出まくり
一番心配だったドライブベルトは大丈夫そうで一安心^^)DSCN5231.JPG
モーターはル・マン240STでした。
たしか、オプティマミッドのキット標準だったような気がします。

拍手[3回]

ブログ内検索

フリーエリア

最新コメント

[10/14 Jamehen]
[06/20 Dannydiz]
[03/28 kobako]
[03/26 ゴリゴン]
[03/25 kobako]
[03/24 Shadow]
[03/23 kobako]
[03/22 Shadow]
[02/15 kobako]
[02/15 kobako]

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
kobako
性別:
非公開

アクセス解析

忍者アナライズ